共済 自動車保険 安い

共済 自動車保険

共済 自動車保険 保険料

共済 自動車保険 比較

共済 自動車保険 安い

共済 自動車保険 最安値

 

 

自動車保険の保険料はノンフリート等級で管理されています。
保険会社が違っても等級は引き継ぐことができますから、会社を乗り換えても損をすることがないのです。

 

しかしすでに共済に加入している場合はちょっと注意が必要です。

 

JA共済(自動車共済)や全労済(マイカー共済)や全日本火災共済(旧中小企業共済)、全国自動車共済などはノンフリート等級を引き継ぐことができます。
しかしほかの教職員共済やトラック共済などは引き継ぐことができません。

 

等級を引き継げる共済と引き継げない共済があるので、保険会社を変更する前に自分が新しく加入する保険会社に確認してください。

 

 

自動車保険の会社は沢山あって毎年新しい保険が開発されています。
今までなかったサービスが作られていますので、何年も継続契約をしているともしかしたらすごく損をしているかもしれません。

 

自動車保険は毎年更新ですから、毎年比較をしたほうがお得になる可能性があります。

 

同じ補償内容なのに、一括見積もりをしてみたら保険料が平均で25000円下がったというデータがあるんです。
補償の内容が同じなら保険料は安い方が嬉しいと思いませんか?

 

共済の自動車保険はちょっと特殊なので保険料が他の会社とかけ離れていないか、相場や最安値を知るために自動車保険一括見積もりで確認することをオススメします。

 

多くの保険会社がハガキで見積もりを送ってくれますから、しつこい電話営業などはありません。

 

 

自動車保険のしくみ

 

共済 自動車保険 補償

 

自動車保険には専門的な用語が多いため、なかなか理解しにくい分野ですね。
しかし実は大きく分けて4つの補償から成ります。これだけでも知っておくと自動車保険のことが随分理解できると思います。

 

まず自動車保険で必要なのは、事故相手への補償と自分への補償です。
さらに事故相手の身体への補償と事故相手の車への補償、自分の身体への補償と自分の車への補償、この4つが必要です。

 

@事故相手の身体への補償・・・対人賠償
A事故相手の車への補償・・・対物賠償
B自分の身体への補償・・・人身傷害(搭乗者傷害特約)
C自分の車への補償・・・車両保険

 

ざっくり言うとこの@〜Cをどう組み合わせるかで自動車保険の保険料が大きく変わってくるのです。

 

共済 自動車保険 補償金額

 

まず@対人賠償とA対物賠償は、事故相手に支払われるものですから、無制限にしておきましょう。
もし相手の身体に障害が残ったり死亡させた場合は、支払額が億単位になることもあります。
対物賠償は相手の車だけでなく、ガードレールや電柱などを破損させた場合の支払いもカバーしてくれます。

 

自分の将来を守るためにも、この2つは必ず無制限にしてくださいね。

 

Bの人身傷害は自分の身体への補償ですが、事故相手が無保険のこともありますので最低限のものがあると安心です。
高額の補償になるほど保険料もアップしますので、保険料と相談しながら金額を決めましょう。

 

Cの車両保険は自分の車への補償ですが、車の時価価値しか補償されません。
事故で廃車になったので保険で新車を買うなんてことはできないのです。
車両保険に入ると保険料は大幅にアップしますので、買い替えを検討している車には必要ないかもしれません。
ローンが残っている車は加入をオススメします。

 

いかがですか?
自動車保険の内容、何となく身近に感じられるようになりましたか?

 

 

自動車保険とノンフリート等級

 

共済 自動車保険 ノンフリート等級

 

自動車保険にはノンフリート等級というシステムがあります。
これは自動車保険独特のシステムで、保険料に大きくかかわるものです。

 

等級のスタートは6等級で、1年間無事故であれば翌年は7等級となります。
等級があがるほどに保険料が割引されるのです。
そしてノンフリート等級の最高等級である20等級にもなると、保険料が最初よりもかなり安くなるのです。

 

20歳で保険に加入して毎年無事故であれば、34歳くらいで20等級になる計算ですね。
40歳前後になると運転技術も大幅にアップするため、保険料は若い頃よりも安くなります。

 

しかしこのシステムがあると他社の自動車保険に乗り換えると損をすると思いませんか?
ご安心ください。等級システムは一部を除いて他の会社に保険を変えた時でも引き継ぐことができます。
ですからより保険料の安い会社に変えても、今までの等級の割引率が適用されるのです。

 

等級が引き継げるかどうかは会社によって異なりますので、確認してから乗り換えをしてくださいね。

 

 

自動車保険の特約とは

 

共済 自動車保険 特約

 

自動車保険には4つの基本的な補償以外に特約があり、必要な人はこれらをプラスして契約します。

 

<弁護士特約>

 

自分の車が停まっていたところに別の車が突っ込んできた場合など、こちらに責任の無い事故をもらい事故と言い、弁護士法上ではあなたの加入している自動車保険の担当者は示談交渉をすることが出来ません。

 

もらい事故の場合は相手方との交渉は時分で行うか弁護士に委任するしかないのです。
この場合の弁護士費用を補償するのが、弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となり、自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。
もちろん全部つけたいところですが、保険料との兼ね合いもあるので必要なものだけを選びましょう。

 

 

<個人賠償特約>

 

自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合などです。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

 

<ファミリーバイク特約>

 

原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象で、記名被保険者とその家族を補償します。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選ぶことができ、「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

この他にも保険会社によってさまざまな特約があります。

 

 

自動車保険の保険料決める要因

 

保険料を決める要因

 

自動車保険の保険料を決める要素は沢山あります。
車の車種や年式、走行距離、加入者の年齢、使用目的、等級、免許の色などさまざまな要因が絡み合っています。
ここに補償の金額も絡みますから、自分と全く同じ条件のひとを見つけるのは難しいのです。

 

自動車保険の保険料の相場を知りたいなら、他人のデータは意味がありません。
まずは自動車保険一括見積もりをして、自分の自動車保険の保険料と最安値の保険会社を確認しましょう。

 

一括見積もりをすると電話が沢山かかってくるんじゃないかと思われるかもしれませんが、自動車保険の場合はハガキの書面で郵送されることが多いです。

 

そんなに気負いすることなく、気軽にお申し込みくださいね。

 

車両保険とは

 

共済 自動車保険 車両保険

 

車両保険には@一般型とAエコノミー型の2種類があります。

 

保険会社によって呼び名が違い、@一般型(フルカバータイプ)とA車対車+A(スタンダードタイプ)と呼ぶところもあります。

 

基本的には@は補償の幅が広いのが特徴 Aは補償の内容を抑える代わりに保険料が安いのが特徴です。

 

@一般型(フルカバータイプ)はほとんどの事故に対応する幅広い内容
当て逃げ・電柱やガードレール・車庫への衝突や接触・転覆や墜落
火災・爆発・落書き・いたずら・窓ガラスの破損・台風・竜巻・洪水・高潮・車同士の衝突や接触・飛来中や落下中の他物との衝突・盗難などが補償されます。

 

Aエコノミー型(スタンダードタイプ)は補償内容を限定して保険料を安くした内容
電柱への衝突などの単独事故や当て逃げ、墜落や転落などが補償されない分、保険料が安いのです。
火災・爆発・落書き・いたずら・窓ガラスの破損・台風・竜巻・洪水・高潮・車同士の衝突や接触・飛来中や落下中の他物との衝突・盗難などが補償されます。

 

一般型の車両保険は手厚くて安心ですが、地震・噴火・津波などは補償されません。
これらを補償するには保険料を上乗せして、特約をつけるなどの対策が必要です。

 

さらにこの特約が適用されるのは車が「全損」したときなどの条件があります。

 

 

車両保険をつけられないケース

引越しのあいさつ
自動車保険の中で自分の車の故障や修理を担うのが車両保険です。車両保険は高額になりがちな車の修理代、できれば車両保険は付けておきたいものですが、保険料がかなりアップするので買い替えを検討しているような車は車両保険をつけないという選択肢もあります。

 

さらに車両保険はどの車にもつけられるのかというと、そうではありません。
車両保険に加入できない車の基準は、各保険会社ごとに決められています。

 

例えばS社ですが、
@初度登録(検査)年月から、18年以上が経過している車
A車両保険金額(新価保険金額)が1,000万円を超える車
B車両料率クラスが9の車

 

つまりとても古い車、とても高級な車、とても危険な車は車両保険に入れないということです。
Bの車両料率というのは、損害保険料率算出機構が決めた車のリスクを示すものです。
1〜9の数字があり、リスクがすくないものが1リスクが高いものが9となります。
当然リスクの低いものは保険料が安く、リスクが高いものが保険料が高くなります。

 

たとえば車両料率9のスポーツカーは、スピードを出すということで事故のリスクが他の車よりも高いこと。事故を起こした場合の修理が高額になること。盗難のリスクが高いことなどが予想されます。ですからスポーツカーは車両保険に加入できないのです。

 

この車両料率は普通車や小型車には設定されていますが、軽自動車や軽トラックには設定されていません。
自動車保険で車両保険に加入できない車があるなんて意外ですね。
車両料率は保険証券を見ればわかる数字なのでぜひ一度ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

自動車 損害 保険 車の保険